共有持分・共有名義の不動産(物件・土地)を売却したい・所持に悩みをお抱えの方必見!実績のあるおすすめの買取業者をご紹介します!

共有分を売却したい!他の共有人との関係は価格に影響する?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/09

東京でも条件のいい地域に不動産を持っているなら、それが相続などで得たものであるならば、共有持分売却という手を使い、売却益を得ることができるといいます。しかし、共有人がいるのであれば、その共有人との関係が何かしら価格に繋がってくるのか、この点も気になるでしょう。どうすれば影響せずに満足できるのか、調べてみましょう。

持分だけを売却するのかがポイント

所有者が亡くなったり、離婚がきっかけになるなどして、共有持分・名義の不動産を売却することを考えたり、そのまま兄弟や姉妹で管理者を決めて経営・管理することもあるでしょう。ですが、東京では共有持分売却が圧倒して多いようです。

しかし、親族・家族間で何かと揉めるなどのトラブルが発生することもある話です。持分だけを売却するのに関係なさそうなことが、ひょんなきっかけで裁判沙汰になる可能性もあります。

そこで活用できるのが、東京でも展開されている共有持分・名義不動産を得意とする買取不動産会社です。この不動産会社であれば、期待以上の価格で買い取りしてくれる可能性は高まる話です。

ただ、気をつけたい点があって、買取価格は他の共有人との関係や、持分などの条件で様変わりすることにもあります。相場があっても、あくまで「目安」として、数字に惑わされないことも大切です。高く買い取ってほしいなら、なるだけ複数の査定を受けることや、不動産鑑定士の評価を受けることもポイントになります。

ちなみに、共有持分売却では、「一部所有」ならば、好き勝手に取り扱えるわけではないことも知っておきましょう。このことからも、他の共有人との関係が影響することも理解できるのではないでしょうか。共有持分を売却したいのなら、所有している分のみの売却です。これならば、他の共有人に影響が出ることもないでしょう。

評価や評判なども価格に影響してくる

しかし、共有持分を売却できたとして、購入した不動産会社は、他の共有人からも持分を購入させてほしい、そうした交渉をしてくるかもしれません。売却するつもりがないのに、そうした気持ちの共有人もいるかもしれず、いざこざが発生しないように事前に売却する旨、不動産会社から何かしらのアプローチがある可能性などは周りにも知らせておきましょう

もちろん、売却する余地が共有人にあれば、交渉次第ではありますが、価格も高めに買い取ってもらえる可能性がぐっと高くなることもあるようです。このことからも、他の共有人との関係が価格に影響することは明確化されています。

また、管理を任せている親族・家族の管理のやり口が適当になることがあれば、トラブルも多発してしまうかもしれません。解決しないときは、共有持分売却という手もあることを知っておきましょう。性格まで熟知しているなら、管理ができる人物なのかも知っているはずですから、トラブルに見舞われる前であれば、その物件の悪評もついていないので、適正価格で売却ができるでしょう。

共有人の合意を得てから売却しよう

他の共有人との関係が価格に影響するなら、支払いが残っている不動産という場合かもしれません。所有名義とローン名義が存在していますが、中には、夫婦共有名義となっていれば、名義変更が難しくなります。

ローンが残っていても売却はできます。その場合は、売却益をローンの返済にあてますが、足りないなら、別のローンを借りるか、追加で現金を用意することになります。手放すのは簡単ですが、残るものがあるなら、手放すよりも完済しなければならない点にも気をつけましょう。

ちなみに、全員の合意によって、共有状態でも一括売却することが可能で、持分割合に応じて分配すれば、いざこざもなくなるでしょう。他にも、分割して登記しなおす「分筆」で分けた土地は、単独名義にもできますが、土地のうえに建物が建つのならば、土地だけを売却するのは難しく、やはり関係者との話し合いの場は持っておきましょう

共有人の持分を買い取る必要がありますが、それも資金次第です。交渉がうまくいくのはやはりお金の問題が大きく影響しています。それでも、希望・条件に合わせて買い取ってくれるからこそ、価格でも満足できるはずです。

東京のよい地域にあり、よい物件であるのなら、共有人とはよりよい関係を築いておきましょう。そして、優良不動産会社との信頼も築けるならば、満足や納得もできるでしょうから、焦らずに比較したり、情報収集に努めることは大切です。

 

相続などによって、不動産を共有することになれば、管理するか共有持分売却という選択肢があります。もちろん、自分もマイホームがあるなら、売却益を得るのが利得でしょうが、他の共有人との関係も価格に影響することがあります。

一部だけの持分を売却する、それだけ価格は低くなるかもしれず、一括売却が理想的でもあるようです。しかし、トラブルにならないように合意が必要です。一人でも納得しないのなら、それこそ売却できないことにもなりますから、関係性はしっかり築いておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京で共有持分の売却に強みを持った会社おすすめ5選
蔵正地所株式会社
株式会社チェスター
株式会社チェスターの画像
株式会社フレキシブル
株式会社フレキシブルの画像
有限会社サポート・プランナー
有限会社サポート・プランナーの画像
東京都市開発株式会社
東京都市開発株式会社の画像
記事一覧