共有持分・共有名義の不動産(物件・土地)を売却したい・所持に悩みをお抱えの方必見!実績のあるおすすめの買取業者をご紹介します!

共有持分売却をする業者を選びは強みを確認しよう

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/01


東京都に実家があり、親族が亡くなってしまったケースでは、土地を相続する可能性があります。もし土地を所有しているなら、土地相続について頭に入れておくことが大切です。まず問題になりやすいことは、相続人が複数いるケースでしょう。共有持分となってしまうため、個人の持分を売却するとなれば、強みを持った不動産会社選びが重要になってきます。

不動産会社選びで注目しておきたい強みとは

日本には、数多くの不動産会社が存在しています。それらの不動産会社は、それぞれ方向性が異なることが多いのです。たとえば、賃貸物件を主に扱っている企業もあれば、売却物件を専門に扱っている企業もあるでしょう。売却物件を扱っている企業の中には、共有持分売却を得意としている業者もあります。

日本でも共有持分売却に強い業者は、それほど多くありません。しかし、専門的な知識が必要とされる業界であるため、業者によって知識の深さなどがそれぞれ異なってくるでしょう。共有持分売却をする場合には、その業者がどのような強みを持っているのか確認しておきたいものです。

具体的な強みとは、さまざまな知識を持っており、売主にとって有利な価格で売却してくれることでしょう。売却の金額は時期によっても変わりますが、他にも、不動産会社の情報量の多さや、販路の多さなどによっても大きく変わってくるケースがあります。

つまり、持ち主が高く売却するためにも、強みを持った業者選びが重要であることが理解できるでしょう。そのためには、まず業者を比較することが大切です。もし自分の知り合いの中に詳しい人がいるなら、その人の情報を聞いてみましょう。詳しい人がいない場合は、インターネットの情報などを参考にすることがおすすめです。

販路を数多く持っている業者が有利な理由

数ある東京都の不動産会社の中から、まず共有持分売却を得意としている業者を選ぶことが必要となるでしょう。何よりも販路を多く持っている会社選びをすることが、最も大切であると理解しておくべきです。豊富な販路を持っているということは、購入する可能性を持った人が数多くいることを意味しています。

貴重な不動産を売却しようと決心して不動産会社を選んだにもかかわらず、販売実績が乏しい場合は、その不動産会社を選ぶメリットを得られません。販路を強みとしている不動産会社かどうかを判断するためには、地元密着型の業者かどうか確認しましょう。

東京の中であっても、その土地を購入する人は、近くに住んでいることが多いと考えられます。もちろん、遠くに住んでいる人が、ネット上で調べて購入するケースもあるかもしれませんが、多くの場合は地元の住人です。そのため、地元の強みを持っている不動産会社であるなら、数多くの顧客を集めていることは珍しくありません。

しかし、地元密着型の不動産会社だけが、豊富なルートを持っているわけではないでしょう。地元密着型はでなくても、多くのルートを持っているケースもあります。

具体的には、大手の不動産会社が該当するでしょう。大手の不動産会社の場合は、全国規模の大きなネットワークを持っていることが、何よりのメリットです。豊富な実績があるため、自然とルートも広くなっています

専門分野を持っていることも強みの1つになる

東京で共有持分売却を行いたいとき、その土地の広さによって使い道は異なってくるでしょう。たとえば、東京でも多摩地区などのように、ある程度広い土地を手に入れることができる場合は、共有持分であっても住宅が何戸も建てられる広さの土地を相続しているかもしれません。

このようなときは、不動産会社選びにも、それほど慎重になる必要はないでしょう。なぜなら、自分の土地だけ売却すれば、相手方の同意や特別な手続きも必要ないからです。これに対して問題となるのは、住宅の新築ができないほどの狭い土地しか相続していないケースです。一般的に考えても、購入してくれる人は少ないでしょう。

しかし、東京23区内であるなら狭い土地であっても、土地を購入して建物を建築したいと考えている人はいます。一般的な一戸建て住宅の半分程度の面積しかないにもかかわらず、建物を建築するパターンがあるのです。いわゆる、狭小住宅と呼ばれるものがこれに該当するでしょう。

狭小住宅とは、20平米ほどの土地に3階建ての住宅などを建てることを意味します。どうしても東京23区内の利便性のよいところに住みたいが、自分の土地を所有することが難しい場合などは、狭小住宅を選択する人もいるでしょう。このようなときは、狭小住宅に強みを持っている不動産会社を選ぶことをおすすめします。結果的に、高値で土地の売却をすることが可能になるからです。

 

東京で共有持分売却を考えているのなら、まず共有持分に強みを持っている不動産会社を探しましょう。この場合は、ネットで不動産会社を探すことおすすめします。もし周りに共有持分の不動産に詳しい人がいるのなら、直接話を聞いてみましょう。土地が非常に狭いなどの理由で、狭小住宅を建築したいと考えているなら、狭小住宅を得意としている不動産会社を選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京で共有持分の売却に強みを持った会社おすすめ5選
蔵正地所株式会社
株式会社チェスター
株式会社チェスターの画像
株式会社フレキシブル
株式会社フレキシブルの画像
有限会社サポート・プランナー
有限会社サポート・プランナーの画像
東京都市開発株式会社
東京都市開発株式会社の画像
記事一覧