共有持分・共有名義の不動産(物件・土地)を売却したい・所持に悩みをお抱えの方必見!実績のあるおすすめの買取業者をご紹介します!

共同名義で相続した不動産は全員の同意がないと売却できないってウソ!?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/19


相続では現金や預貯金だけではなく土地や家屋、マンションなどの不動産を受け継ぐこともあります。その場合は個人名義で相続する場合もありますが、複数人で共有名義となることもあります。ここからは、共同で所有している不動産の売却方法について書いてきます。

自分のものでもあり他の人のものでもある

相続の際は預貯金、現金だけではなく貴金属や自動車なども対象になりますが、家や土地、マンションなどの不動産が受け継がれることもあります。

東京の場合は特に不動産の価値が高いこともありますので誰が受け継ぐかはしっかりと話し合いをしておきましょう。この場合、個人が受け継ぐ場合もあれば他の相続人と共有名義となることもあります。共有名義となる場合は、受け継いだ不動産は自分のものには違いありませんが、他の人のものでもあるということを理解しておく必要があります。

そして受け継いだ不相談を売却したいと考える場合もありますが、個人名義のものであれば特に周囲と相談しなくても、自由に手続きを進めていくことができます。しかし、共有で受け継いでいる不動産の場合は、個人で勝手に売買するということはできません。たとえ、自分のほうの持ち分が多いという場合でも他の相続人を無視して売却の手続きを進めていくことはできません。

夫婦や親子、兄弟・姉妹など誰と共有しているかでも売り方は変わってきますので、まずはしっかりと話し合いをしておくことが大切です。関係が良ければ大きな問題にはならないと判断する人もいるかもしれませんが、権利関係が複雑になっていますので、それが原因でトラブルが発生する可能性もあります。土地とは違い、分割が難しい家の場合はよりきちんと解決しておきたいところです。

共有持分と共有名義の違いを知る

東京でも不動産売買のことで悩む人は少なくありませんが、共有名義とよく似た言葉で共有持分もあります。その場合は、一つの不動産を複数人で所有した際、それぞれの人が持っている不動産所有権の割合を指します。

これは登記所に登記を行い、正式に確定して公式に認められることになります。ただ話し合いだけで割合を決めている場合は、公式に認められてはいませんので、トラブルを避けるためにも登記は済ませておきたいところです。共有名義とは所有する人のことを表し、共有持分は所有権の割合であることをしっかりと理解しておきましょう。

共有持分の場合でも、やはり他の所有者に無断で売却することはできませんので、売りたい場合はきちんと話し合いをしておくことが大切です。不動産を持っている間に共有者が亡くなるという例もありますが、持ち分は相続対象となりますが共有者が他にいる場合は遺産分割となり、更に複雑化する可能性があるということも知っておきましょう。

更に離婚の際にもトラブルとなることもあり、そうしたことを避けるために早めに売っておきたいと考える人も少なくありません。売りたくても一人で勝手に進めることはできませんので、まずは共有者と持ち分割合いを確認しておきたいところです。そして、実際に売る場合は共有者全員の同意が必要となりますので、相談を進めていきましょう。

共有持分売却の専門業者に相談しよう

東京でも、不動産の処分で悩む人は少なくありませんが、共有名義となっている場合は共有持分売却を専門にしている業者への相談も考えていきたいところです。一般的な不動産仲介業者では共有持分売却に対応していないところもありますが、専門の業者であればより簡単な売却が期待できます。

共有で不動産を持つことは何かとデメリットもありますが、共有持分売却の専門業者に依頼すればそうした問題もスムーズに解消することが期待できます。東京でも話題となっている共有持分売却専門業者なら、不動産全体を売却するのではなく、それぞれの持ち分だけを売却しますので他の共有者に同意を得る必要はありませんし、持ち分を売却したことの報告も不要です。

他の共有者と相談する必要はなく、自分だけで手続きを進めていくことができるので手続きもより簡単になります。共有であれば短期間で現金化できますし、仲介ではなく買取であれば仲介手数料も不要です。できるだけ早く不動産を売却したい人や、将来問題が発生する可能性がある共有名義状態を早く解消したいと考える人にはぴったりといえるでしょう。

ただし、一括で売却するよりも買取価格は安くなりますので、そのことは理解しておく必要があります。スムーズに進めていくためには、共有持分売却に強く信頼できる業者を選ぶことも大切ですので、業者選びは慎重に行いましょう。

 

相続で不動産を共有で受け継ぐこともありますが、全体を売却するとなると一人で進めていくことはできません。共有者全員と話し合いが必要です。ただ、共有持分だけを売却する場合は、共有者の同意は必要なく、一人で進めていくことができます。早く売りたいという場合は、共有持分売却の専門業者に相談することがおすすめです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京で共有持分の売却に強みを持った会社おすすめ5選
蔵正地所株式会社
株式会社チェスター
株式会社チェスターの画像
株式会社フレキシブル
株式会社フレキシブルの画像
有限会社サポート・プランナー
有限会社サポート・プランナーの画像
東京都市開発株式会社
東京都市開発株式会社の画像
記事一覧