共有持分・共有名義の不動産(物件・土地)を売却したい・所持に悩みをお抱えの方必見!実績のあるおすすめの買取業者をご紹介します!

共有者の共有持分が差押えになったらどうする?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/22

あなたが共有持分を持っている場合、ある日突然共有者の持分が差押えとなってしまうケースもあります。そのまま放置していると共有者の持分が他人に落札され、売却や買取をあなたに求めてくる可能性もあるのです。では、もしも共有者の持分が差し押さえられたら、あなたは自分の持分を守るためにどんな対応をすべきでしょうか。

共有者の持分が差押えられることはある

あなたがもし共有名義の不動産を所有している場合、必ず共有者が存在しています。その共有者がもし借金を滞納しており裁判をされても支払いをしなかったり、土地建物を抵当に入れたにも関わらずローンの返済を滞らせたりした場合、債権者によって不動産を差押さえられることになります。

不動産が差押えられたら、その後は競売にかけられます。共有者の持分が差押えになって競売にかけられたとしても「不動産全体」が売却されるわけではありませんし、あなたが持っている分が失われることはありません。しかし競売によって共有者の持分が落札され、全く知らない落札者と共有名義になるとすれば色々と面倒くさいことが起きてくるでしょう。

例えば落札者が専門業者だった場合、強硬に共有持分買取を求めることがあったり、あなたが持っている共有持分売却を低額でするように求めてきたり、不利益を受ける可能性が高くなります。あなたが共有持分売却を考えていても、競売で手に入れた業者の言いなりになってしまえば破格の金額で売却する羽目になることも大いに考えられるのです。

共同名義で不動産を持っている場合、そのような面倒くさいことも起こり得ると知っておきましょう。そして出来れば、相続などで共同名義となる前に対策をとることが望ましいとなります。東京近郊であれば不動産や相続に関するプロがたくさんいますので、是非利用してください。

不動産を売却してもいいと考える場合

共有者の持分が差押えにあってしまい、競売の結果業者に買い取られたとします。あなたはそもそもその不動産に住んでいるわけではありませんので、元々共有持分売却を考えていました。その場合には、どうするのがベストでしょうか。

まずは差押えが実行される前に、不動産全体を共同で売却する方法があります。共有者と相談して先に不動産を売却処分していれば、共有者も売却したお金を借金の返済にあてることが出来るでしょう。協力すれば共有持分が競売にかかるよりよほど高額で売却できますし、債権の完済の可能性も増えます。

または、先に自分の共有持分売却を済ませてしまうことです。相手の分の落札者から足元を見られ、安値で買いたたかれるよりは自分の意思で納得できる価格で売ってしまう方が良いでしょう。しかし既に差押えとなってしまっている場合には、その不動産と関わりを持ちたくなければやはり先に自分の分を売却してください。

相手の競売手続きが進んでいる最中であっても、差押の対象になっていない方の売買は自由にすることができます。ただでさえややこしいのが共同不動産ですから、競売トラブルが発生したら共有持分を保持する意味はほとんどなくなってしまいます。

トラブルに巻き込まれて心身共に疲弊する前に、自分が持っている分は売却してしまうのが最善です。東京には専門家が各種いますので、売却を考えているならまずは相談してみるのがおすすめです。

不動産を維持・住み続けたい場合

共有者が借金から持分を差押えされることになっても、自分がその不動産を維持したいと思っていたり、まだ住み続けたいと考えている場合はどうすべきでしょうか。まずは、差押となる前に共有持分売却を自分にするようにすすめてください。差押えとなる前に自分が相手から買い取ってしまえば、自宅に住み続けられますし、相手も借金の返済にまわすことができます。

もしくは、相手の代わりに負債を支払うという方法があります。債権者と交渉をし、共有者の代わりに負債を払うことで、その分は後に共有持分権者へ返還請求することが出来ます。借金で相手はお金がないはずですから、代わりに共有持分を譲るという話になるでしょう。そうすれば不動産の完全な権利を取得することができます。これはリスクなしで不動産を守れますので、おすすめの方法です。

しかし、債務の支払いと引き換えに差押えを取り下げてもらう交渉が破綻してしまうこともあるでしょう。その場合には、あなた自身が競売にかけられた相手の分を落札する方法もあります。業者が入札しても自分の方が高い金額をつければ、優先して落札できますので不動産を守ることが出来るのです。

共有者との売却話がうまくいかず、債権者にも借金の支払い肩代わりを断られた場合には、自分で競売にかけられた時に落札するのがストレートな方法です。ただし、面倒ではありますので、東京でしたら専門家に相談して進めるのが良いでしょう。

 

東京に住んでいる人で不動産を共有名義で持っている人が巻き込まれることがあるのが、不動産の共有者が借金で差押えとなる場合です。物件の売却を元から考えていたならすぐに売却をすすめ、売却は考えていないなら相手から買い取るなどの対処をしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京で共有持分の売却に強みを持った会社おすすめ5選
蔵正地所株式会社
株式会社チェスター
株式会社チェスターの画像
株式会社フレキシブル
株式会社フレキシブルの画像
有限会社サポート・プランナー
有限会社サポート・プランナーの画像
東京都市開発株式会社
東京都市開発株式会社の画像
記事一覧