共有持分・共有名義の不動産(物件・土地)を売却したい・所持に悩みをお抱えの方必見!実績のあるおすすめの買取業者をご紹介します!

自分の持分だけ周囲に知られず秘密に売却できる?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/20

相続などがきっかけで、一つの不動産を共有持分にすることがあります。相続をする場合、自分一人が相続人ならばその不動産を独占することができますが、もう一人相続人がいる場合は共有持分にせざるを得ない場合もあります。

では、共有持分売却をする場合に周囲に秘密で売却をすることはできるでしょうか。

売却を秘密にしておきたい理由は何か

東京の共有持分を所有しており、これを売却する場合でも、秘密にしておきたい人がいますが、その理由はいくつか考えられます。

だれにも知られずに共有持分売却を考えている人の特徴としては、相続をしたために資金繰りが厳しくなってしまっている人です。例えば、すでに持ち家を持っているにもかかわらず相続で土地を半分もらい、そこに固定資産税がかかるため金銭的な負担が大きくなっている場合です。

この時、もともと持っていた住宅に住宅ローンを設定している場合には、住宅ローンの支払い以外にも共有持ち分に関する固定資産税の支払いも上乗せされます。そうすると、資産のはずの土地が負債に変わってしまうこともあり得るでしょう。東京の中でも人気のある不動産の場合にはとくに、固定資産税が高額になることも十分にあり得るわけです。

もう一つの例としては、不動産を第三者に貸した場合などです。アパートなどの不動産を共有持ち分として所有していた時、その不動産を第三者に貸し出したまではよいものの、空室が多く赤字になってしまっているようなこともあります。

このようなとき、そのままの状態を維持すれば赤字が積み重なるだけになるため、これを売却したいと希望する人もいるでしょう。しかも、公にすると周りの視線も気になるため可能な限りだれにも知られないように売却したい場合などが考えられます。

共有持分売却を秘密にすることは十分可能

東京にある業者に共有持分売却をすることで、秘密に売却をすることは可能になります。不動産会社を利用する場合に気をつけておきたいことは、仲介と売却の2種類があることです。

仲介とは、直接不動産会社に売却をする訳ではありません。不動産会社を通して売り主を探してもらうわけです。不動産会社は、広告を出すことができるためその物件を広く宣伝することが容易です。そこで、不動産会社に仲介をしてもらえば多くの人に宣伝をすることができるため買い手も見つけやすくなるでしょう。

ですが、この方法は宣伝をするために近所の人に知られてしまう可能性があります。周りの人に知られたくない人にとっては、基本的に仲介を選ぶべきではありません。

これに対して、売却の場合は不動産会社に直接物件を売ることを意味しています。不動産会社に物件を売るならば、わざわざ買い手を探す必要はありません。そうすると、広く買い手を見つけるために宣伝をする必要がないためこれを人に知られずに行うことが可能になります。

直接不動産会社に知られないように不動産会社に売却をすれば秘密にすることができますが、この時一つ頭に入れておきたいことがあります。それは、仲介をする場合に比べると相場より安く売却することになることです。そのため、少しでも高く売却したいと考えるならば、別の方法を選ばなければなければなりません。

仲介の場合でも秘密にすることは可能

仲介の場合には、基本的にほかの人に知られることが前提と考えられていますが、実は例外的に人に知られずに共有持分売却をすることも可能になります。その方法の一つは、レインズに登録しながら広告転載不可にする方法です。

仲介の場面では、3種類の契約方法から選ぶことになります。その契約を方法の中身をみると、一般媒介契約と専属専任媒介契約そして専任媒介契約の3種類です。一般媒介契約以外は、レインズに登録することが義務付けられています。そこに登録することで、全国の不動産会社に情報が知れわたることになるでしょう。

この時、ただ登録するだけならばほかの不動産会社を通じてその物件が広く公開されてしまいます。例えば、インターネットで検索した時に、仲介をした不動産会社とは別の不動産会社のホームページに売る予定の物件が掲載されることになります。そうすると、近所の人に知られる可能性も高くなるわけです。

そこで、レインズに登録するときに広告転載不可としてすればその広告は一般に公開されることはありません。よく、不動産会社などに行くと非公開物件と呼ばれるものを紹介してくれることがあります。これは、広告転載不可の物件になります。

つまり、インターネットなどで一般の人は見ることができず、不動産会社に訪れて直接不動産会社の人から紹介されない限りその物件を閲覧することはできません。このようにすることで、売却をすることを秘密にすることが可能になります。

 

共有持分売却を知られずに売却する場合には、不動産会社に仲介をしてもらうのではなく売却をする方法を選んだほうがよいです。基本的に仲介をしてもらうと広告が出てしまい、それが近所の人などに知られてしまうからです。ですが、仲介でも広告転載不可にすれば周りの人に知られることはありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京で共有持分の売却に強みを持った会社おすすめ5選
蔵正地所株式会社
株式会社チェスター
株式会社チェスターの画像
株式会社フレキシブル
株式会社フレキシブルの画像
有限会社サポート・プランナー
有限会社サポート・プランナーの画像
東京都市開発株式会社
東京都市開発株式会社の画像
記事一覧